« ジャック・ジョンソン | トップページ | J.J.ケール »

2004年12月 4日 (土)

ケヴ・モ

Keb

ケヴ・モを初めて聴いたときの印象は「ロバート・ジョンソンが今、新譜出したらこんな感じなのかな。」って何のひねりも無くまんまですがな。

カントリーブルースって、どんなんでしょうか。
農作業つらいから歌でも歌っちゃえ~ワークソング~ギター一本渡り鳥~田舎ブルース。
この程度の認識です。大雑把。

酒の肴にどないだ特集その3

ケヴ・モ「Keb' Mo'

カントリーブルースといっても何気にお洒落な雰囲気がぷんぷんします。
かといってちゃらちゃらもしていない。
ルーツミュージック+洗練さ。
この洗練さは、幅広いスタイルを持っているからこそ成せる業なんでしょう。

ぼんやりと聴きながら、バーボンでも如何なものでしょう。へへへ

|

« ジャック・ジョンソン | トップページ | J.J.ケール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケヴ・モ:

« ジャック・ジョンソン | トップページ | J.J.ケール »