« トランスフォーマー | トップページ | ワインライトでモテモテ »

2008年7月17日 (木)

ケニー・Gでモテモテ

Kenny777852

仕事をしながら聴いているFMラジオが、夜も更けてくるとAORとかフュージョンをガンガン流してくるのです。

まーー、なんて軟弱なのでございましょう。
マイケル・フランクスだのボビー・コールドウェルだの「ち。なんちゅう腰の軽い連中だぜ。」と呟くも、またこれが気持ちよいのございます。
涼しげでメロウで、しっとり、しっぽり・・・。

その昔、ホテルの最上階ラウンジなんぞでトロピカルなカクテルをすすりながら「マイハニー。スウィートを予約してあるんだ。この部屋のカギは君の心の扉を開けることができるのかい?」とか言ってみたかった僕は一枚のアルバムを購入したのでございます。

ケニー・G「デュオトーンズ

当時はスポーティなクルマが大流行で、RX-7だのプレリュードだのシルビアなんぞに乗ってこのケニー・Gを流せば、助手席のおねいさんは瞳がうるうる、唇は半開き、半ケツ、半乳、なんでもありという噂を聞きつけた僕は当時大ヒットしていた「デュオトーンズ」をチョイスしたのです。

しかし僕はクルマを持っていなかった。
仕方がないので愛車スーパーカブにまたがり、これまた音響設備がないので「デュオトーンズ」のCDを頭の上に乗せ、街をクルージングしていたわけです。
でもそんな僕を皆は気持ち悪がって相手にしてくれなかった。

「ライダーとは孤独なものよ。」と風を切る僕の背中からケニー・Gのソプラノ・サックスが流れてきました。
なんという優しい音なのでしょう。僕の瞳はうるうる、唇は半開き、半ケツ、半乳。

ちなみにこのアルバムは、軟弱野郎のくせに全米のブルースチャートにランクインした曲者でございます。
しかし軟弱野郎が故に、一部のJazzミュージシャンから「お前なんかJazzプレーヤーなんかじゃねえよ。」と非難されたりもしているのです。

しかし、ムチャウマですぞ、この人。
短音で数十分サックスを吹き続けるのですぞ。(循環呼吸)

ケニー・Gのアルバムは何枚か聴いたけど、やっぱ軟弱なので結局手元に残ったのはこの「デュオトーンズ」だけ。

未聴の方は、是非お試しあれ。
もう瞳はうるうる、唇は半開き、半ケツ、半乳。


いや、ほんとにいいアルバムです。

|

« トランスフォーマー | トップページ | ワインライトでモテモテ »

コメント

幾つになっても
頭の中が中学生男子って人は
男子の中に何パーセントか
確実に生息しているよね。

でもさ、やっぱし
そうはいっても
年を重ねるごとに・・・・
だったりするじゃない???

まるで自分は卒業したのさ
こんな時期からね♪

なんて風を装っているけど
わたくしの目は誤魔化されなくてよ!!!!

大体2記事とも
記事のタイトルに「モテモテ」が入っているところからして・・・。

まさか、winosちゃん、
「この香水であなたもモテモテ」とかさ
「魔法の下着であなたもモテモテ」とか
「このカプセルであなたもモテモテ」・・・

あ!
今、机の下に何を隠したのッ!!!????


へその匂い


ケニーは顔が良すぎるから「お前なんかJazzプレーヤーなんかじゃねえよ。」と非難されたりもしているって聞いたこともあるがー。

投稿: kazoo | 2008年7月19日 (土) 08時06分

おっさんになったら皆、どんなことを考えているんだろう。
僕はおっさんになっても「金がねえなあ。」とか「おぱんつ」とか「テポドンぶちこんじゃろかっ。」とかあまり進歩がないなあ。

それにほんとはモテモテなんてどうでもいいのさ。
モテモテ香水もモテモテおぱんつもいらない。
お金が増える幸せの財布もいらない。
髪の毛薄いのはいやだ。


それにね「へその匂い」って変なこと書くから、検索ワードでへんなやつがやってくるんだよう。
「乳首洗濯ばさみ」でやってきた奴がいるんだぜーー

ケニーは売れ過ぎちゃったから、やっかみもあったのかねー

投稿: winos | 2008年7月19日 (土) 17時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケニー・Gでモテモテ:

« トランスフォーマー | トップページ | ワインライトでモテモテ »